メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陰・この人

「出雲織」作家 青戸柚美江さん(91) 発想自由に素材は何でも /島根

機を織る「出雲織」作家の青戸柚美江さん=島根県安来市沢町で、根岸愛実撮影

青戸柚美江(あおと・ゆみえ)さん

 山陰の伝統工芸品「出雲織」を手がける。今夏デビューしたJR西日本の観光列車「あめつち」の内装にも採用された。幼少の頃、生まれ育った鳥取県米子市新山で木綿の「弓浜絣(がすり)」の織り方を覚え、戦中戦後は家族の生活のため機織りを続けた。そして今、自由な発想に基づく着物の数々は「他に類を見ない」と全国的な人気を集めている。

 子どもの頃から手を動かすのが大好きで、裏山の杉からゲタを自作したこともあった。「戦中、戦後は物がなかったからこそ工夫が生まれた」と振り返る。当時の農家では女性が家族の衣服を作るのが一般的で、自然に機織りに興味を持った。母の目を盗んで見よう見まねで糸を紡ぎ、失敗して怒られてもやめる気はなかった。ぐんぐん腕を上げ、貴重な働き手になった。

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文924文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです