メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
分断の深層

トランプ時代の合衆国 銃規制、関心低い貧困層(その1) 高校生の運動「最大の犠牲者」意識

 米南部フロリダ州パークランドで今年2月、生徒ら17人が犠牲となった高校銃撃事件。そこの生徒らが始めた銃規制運動は米国各地に広がった。一方、都市部の貧困地区では自衛のために銃が必要だと考える若者が多く、銃規制への関心は低い。運動は結実するのか。

 西部カリフォルニア州オークランドのフリーモント高校は、生徒の大半が黒人や中南米系などマイノリティーだ。生徒らは日々、ギャングに銃で殺される危険と向き合っている。

 今年3月、マイノリティーの男子生徒が銃を所持して登校したとの通報を受け、警察官が生徒を拘束した。成…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文807文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 話題の漫画『死役所』、テレ東で初映像化 シ村役は松岡昌宏「ある種新しい境地」

  2. SNSで香港デモ巡り政治的対立あおる投稿繰り返したアカウント削除 中国政府関与の疑いも

  3. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです