メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

分断の深層

トランプ時代の合衆国 銃規制、関心低い貧困層(その1) 高校生の運動「最大の犠牲者」意識

 米南部フロリダ州パークランドで今年2月、生徒ら17人が犠牲となった高校銃撃事件。そこの生徒らが始めた銃規制運動は米国各地に広がった。一方、都市部の貧困地区では自衛のために銃が必要だと考える若者が多く、銃規制への関心は低い。運動は結実するのか。

 西部カリフォルニア州オークランドのフリーモント高校は、生徒の大半が黒人や中南米系などマイノリティーだ。生徒らは日々、ギャングに銃で殺される危険と向き合っている。

 今年3月、マイノリティーの男子生徒が銃を所持して登校したとの通報を受け、警察官が生徒を拘束した。成…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです