メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

分断の深層

トランプ時代の合衆国 銃規制、関心低い貧困層(その1) 高校生の運動「最大の犠牲者」意識

 米南部フロリダ州パークランドで今年2月、生徒ら17人が犠牲となった高校銃撃事件。そこの生徒らが始めた銃規制運動は米国各地に広がった。一方、都市部の貧困地区では自衛のために銃が必要だと考える若者が多く、銃規制への関心は低い。運動は結実するのか。

 西部カリフォルニア州オークランドのフリーモント高校は、生徒の大半が黒人や中南米系などマイノリティーだ。生徒らは日々、ギャングに銃で殺される危険と向き合っている。

 今年3月、マイノリティーの男子生徒が銃を所持して登校したとの通報を受け、警察官が生徒を拘束した。成…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文807文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌の飲食店付近で爆発 けが人10人以上か 札幌市
  2. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  3. 札幌飲食店付近で爆発 店「跡形もなく」 消防員近づかないよう呼びかけ
  4. 爆発 マンション駐車場で車大破 1人けが 大阪・東淀川
  5. 雑居ビルで爆発 42人負傷 ガス爆発の可能性も 札幌市

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです