メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

ここ数年、「共感力」という言葉をよく耳にする…

 ここ数年、「共感力」という言葉をよく耳にする。就活のキーワードにもなっている。相手の側に立って考えられる能力のことだ▲例えば漫才のネタ作りにも共感力が必要だといわれる。ただし、客の誰もが共感し、安心して笑えるものもあれば賛否を巻き起こす刺激的なものもある。お笑いコンビの「ウーマンラッシュアワー」が昨年暮れにテレビで披露したネタは後者の方だろう▲「沖縄の在日米軍に払っている予算をなんと言う?」「思いやり予算」「アメリカに思いやりを持つ前に」「沖縄に思いやりを持て」。インターネット上でも大きな反響を呼んだ▲コンビの一人で、過激なツイートで知られる村本大輔さんのアイデアという。「炎上芸人」と呼ばれる当人とすれば面目躍如か。最近では珍しく、時事問題ネタがうけたのは間違いない▲米軍普天間飛行場の辺野古移設の是非を争点に、沖縄県知事選が始まった。自民党総裁選の投票も近い。安倍晋三首相は「さまざまなご批判を真摯(しんし)に受け止め……」「謙虚に丁寧に政権運営を行っていきたい」と語った。では、沖縄から届く政府批判の声にも共感力を発揮できるだろうか。政権がそれをできるなら、沖縄と歩み寄る道も開けるかもしれない▲かのお笑いコンビには原発問題に絡めたネタもある。村本さんの出身地、福井には原発が多いが、街は夜7時になると真っ暗になるとか。「これだけは言わせてください。電気はどこへゆく!」。総裁選の争点にならなくても共感できる。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
    2. ORICON NEWS 内野聖陽、『きのう何食べた?』細部までいき届いた繊細な演技に絶賛の声
    3. 長谷川博己さん、明智光秀の菩提寺訪問 来年の大河ドラマ「麒麟がくる」主役
    4. 兵庫県庁、700億円かけ建て替えへ 耐震対策 30年度まで
    5. 大きな虹 福岡の空に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです