メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南北首脳会談

きょう 非核化焦点 平壌で11年ぶり

 【ソウル渋江千春】韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は18日から20日まで、北朝鮮・平壌を訪問し、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との首脳会談に臨む。両者の会談は今年3回目、平壌での南北首脳会談は故盧武鉉(ノムヒョン)大統領時の2007年10月以来約11年ぶりとなる。

 文大統領は17日、青瓦台(大統領府)の首席補佐官会議で「米国と北朝鮮の間でどうすれば接点を見つけることができるのか、金委員長と虚心坦懐(たんかい)に対話してみようと考えている」と意気込みを語った。

 青瓦台によると、文大統領は18日午前8時40分、ソウル空港を出発し、同10時ごろ平壌国際空港に到着。空港での歓迎式典、昼食会を経て金委員長との会談に臨む予定だ。首脳会談は19日午前にも予定されている。

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. バイデン大統領が直面する困難な戦い 「事実を重んじる社会の再生」

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです