メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

解説

強制不妊調査 当事者救済へ「三つの課題」

 強制不妊の被害実態を把握し、一人でも多くの当事者救済を実現するためには「三つの課題」がある。その最初が今回の厚生労働省調査のあり方だ。

 厚労省は現存する被害の個人記録を把握するため全国調査を始めたが、民間の医療機関や福祉施設への調査は日常業務に大きな影響を与える。膨大な量のカルテを前に頭を抱え、不妊手術の個人記録がある可能性があっても調べないまま「ない」と答えた病院もあった。調査徹底のため、旧法下の実態把握に特化した時限立法を望む自治体もある。

 次は、全ての個人記録を把握できたとして、それらの検証方法だ。強制不妊と同様、国策で患者の人権を侵害…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  3. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  4. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  5. デサント TOB「反対」1000人超署名 従業員の約3割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです