メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

解説

強制不妊調査 当事者救済へ「三つの課題」

 強制不妊の被害実態を把握し、一人でも多くの当事者救済を実現するためには「三つの課題」がある。その最初が今回の厚生労働省調査のあり方だ。

 厚労省は現存する被害の個人記録を把握するため全国調査を始めたが、民間の医療機関や福祉施設への調査は日常業務に大きな影響を与える。膨大な量のカルテを前に頭を抱え、不妊手術の個人記録がある可能性があっても調べないまま「ない」と答えた病院もあった。調査徹底のため、旧法下の実態把握に特化した時限立法を望む自治体もある。

 次は、全ての個人記録を把握できたとして、それらの検証方法だ。強制不妊と同様、国策で患者の人権を侵害…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 重度の肺炎、武漢で日本人が入院 「新型」か不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです