メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

ネコとネズミ=玉木研二

 <ka-ron>

 戦後沖縄の占領初期のことだ。米海軍による軍政府の政治担当将校、ジェームス・ワトキンズ少佐が住民側にこう説いた。

 「米軍政府はネコで、沖縄はネズミだ。ネズミはネコの許す範囲でしか遊べない」

 少佐は米スタンフォード大学に学んだ政治学者で、知日家でもあった。

 言わんとしたのは、やがて軍政を担う陸軍は軍事最優先で住民自治などの考えは乏しいから、日米に平和条約が結ばれるまではネコが飛びかかってくるようなことがないよう細心の注意を、ということらしかった。

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文967文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです