メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一点張り・論説室から

平成駆けた希代の歌姫=濱田元子

 アムロとセアカゴケグモ。何の関係もなさそうな二つの言葉が、記憶の底で密接に結びついている。1996年8月、1年間の留学から大阪に帰った時、聞いたことのなかったこの二つが、世の中を席巻していた。毒グモの方はさておき、気分は「完全に乗り遅れた」だった。

 そのアムロこと、歌手の安室奈美恵さん(40)が一昨日、引退した。92年のデビュー以来、ほぼ四半世紀。打ち立てた記録は枚挙にいとまがない。「アムラー」という流行語を生み、ファッションリーダーとして社会現象まで巻き起こした。希代の歌姫だ。

 この1年の騒ぎもすさまじかった。「気持ちをお互いに消化して、前向きに明るく引退の日を迎えたい」。1…

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文926文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  3. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  4. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  5. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです