メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツクライミング

世界選手権 複合、スタート技術課題

 【インスブルック共同】スポーツクライミングの世界選手権最終日の16日は、インスブルックで2020年東京五輪で実施される複合の決勝が行われ、日本勢は女子でボルダリング銀メダリストの野口啓代(TEAM au)、男子はボルダリングを制した原田海(神奈川大)がともに4位に入ったのが最高で、メダルを逃した。女子はヤンヤ・ガルンブレト(スロベニア)が5点、男子はヤコブ・シューベルト(オーストリア)が4点で優勝した。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 俳優の織本順吉さん死去、92歳 名脇役 「仁義なき戦い」シリーズ
  3. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  4. 「戦国テンプレート」発売 武将の家紋、手軽に コクヨ滋賀
  5. 大麻所持容疑 「様子おかしい」と学校が通報 中学生逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです