メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴルフ

エビアン選手権 畑岡、手応えと悔しさ 最終R、ショット乱れ16位

 女子ゴルフのメジャー最終戦、エビアン選手権は16日までフランス南東部エビアンで行われ、初出場した19歳の畑岡奈紗は通算6アンダーでトップと6打差の16位だった。4日間を通して上位を狙える位置でプレーしたが「結果を求めているので、トップ10でフィニッシュしたかった」と悔しさをのぞかせた。

 首位と7打差でスタートした最終日はショットが乱れ、池に入れた5番のダブルボギーで大逆転の可能性はほぼ消えた。「早い段階で2桁(アンダー)に乗せて後半勝負と思っていたが、全く逆の結果になってしまった」と肩を落とした。

 パットがさえた初日は67と好発進したが、決勝ラウンドはショットが安定しなかった。「調子が悪いときも…

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文851文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. これが本当なら「現代の特高」…前川元次官が語る告発ノベル「官邸ポリス」のリアル

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです