メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

総攻撃を回避 非武装地帯設置で露とトルコ合意

 【モスクワ大前仁】プーチン露大統領とエルドアン・トルコ大統領は17日、ロシア南部ソチで会談し、シリア北西部イドリブ県に10月15日までに非武装地帯を設置することで合意した。アサド政権と後ろ盾のロシア軍は、反体制派の最終拠点となる同県への総攻撃を準備していたが、反体制派を支援するトルコとの折衝を経て、当面は回避される公算が大きくなった。

 プーチン氏は会談後の共同記者発表で、アサド政権と反体制派の折衝する地域において、幅15~20キロの非武装地帯を設けると説明。反体制派が10月10日までに戦車やミサイル、重火器などを撤去し、15日までに撤退するよう定めた。特にロシア側は過激派組織のシリア解放機構(旧ヌスラ戦線などで構成)の駆逐を強く求めており、ロシア、トルコの部隊が監視と巡回に当たるという。

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文621文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです