メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外1票の格差訴訟「違憲状態」 高松高裁判決
ラグビーW杯

禁止してもネットで横行、チケット高額転売

ラグビーW杯日本大会決勝のチケットが出品されている海外の転売サイトの画面。通常の約6倍の高値がついたチケットもある

「イタチごっこ」続きスポーツ議連は罰則付きの法整備目指す

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会は20日で開幕まで1年となるが、観戦チケットをめぐる不正な高額転売がインターネット上で横行している。大会組織委員会は規約で転売を禁じたが、サイト運営者に出品停止を要請しても、別のチケットが出回る「イタチごっこ」が続く。20年東京五輪・パラリンピックでも同様の問題が懸念され、超党派のスポーツ議員連盟は罰則付きの法整備を目指している。

 1月から抽選で先行販売されたチケットは既に60万枚以上を売り上げたが、海外の転売サイトなどに高額で…

この記事は有料記事です。

残り1081文字(全文1351文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警機動隊員を逮捕 SNSで迷惑行為の疑い

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです