メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

隣の国を歩く

“完璧”な北朝鮮 かえって現実感わかず

 日本にとって近くて遠い隣国、北朝鮮。9月9日に建国70周年を迎えるにあたり、平壌での取材が許された。メインイベントは9日当日に行われる軍事パレードや市民パレードだったが、その日を含めた実質4日間の取材から垣間見えた北朝鮮の現状を伝えたいと思う。

制裁の影響は?

 「武器にたくさんのお金を投資してきたが、これからはそれをやめてすべて経済部門にお金をつぎ込み、遅れていた発展を取り戻す時期だ」。北朝鮮を建国した金日成(キム・イルソン)国家主席の妻の名を冠する金正淑(キム・ジョンスク)平壌製糸工場の金明丸(キム・ミョンファン)支配人は、周囲に響き渡る機械音に負けない大声で、記者団の質問に答えていた。

 質問は、核実験やミサイル開発で強化された経済制裁の影響に集中した。金支配人は何度も「(影響は)ない…

この記事は有料記事です。

残り3715文字(全文4063文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  2. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  3. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  4. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  5. 第91回センバツ開会式始まる あこがれの聖地を球児らが次々と行進

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです