メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
アクセス

防止条約に動く世界 刑事罰なく甘い日本 法的な歯止へ政府のやる気は?

日本はハラスメントに甘すぎる?

 今こそ職場のハラスメントに法的な歯止めを--。国連の国際労働機関(ILO)が6月、ハラスメント防止条約を目指して動き出した。国内では今月19日から、国の労働政策審議会(労政審)で本格的な議論を始める。労働界や専門家は「法整備の千載一遇のチャンス」と見る。さて、政府のやる気は?【宇多川はるか】

 日本にはハラスメント行為自体を禁じる法規定がない。セクハラは男女雇用機会均等法が事業主に防止措置を義務づけるのみで、被害を法的に認定できず、救済につなげにくいことが問題視されてきた。パワハラでは防止義務すらない。

 日本のハラスメント対策は世界的に見ても甘い。世界銀行の今年の調査によると、日本のように刑事罰と民事…

この記事は有料記事です。

残り1229文字(全文1533文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  5. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです