メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

アンヌ隊員、最後の舞台 「セブン」終了50年「大人の別れ」

ひし美ゆり子さんのホームページ

 安室奈美恵さんの引退、そして樹木希林さんの死去が伝えられた16日、女優のひし美ゆり子さんは「アンヌ隊員」として最後の舞台に立った。

 ウルトラシリーズの中でも人気が高い「ウルトラセブン」は、1967(昭和42)年10月1日に放送開始。翌68(同43)年9月8日に最終回「史上最大の侵略(後編)」が放送された。あれから50年がたった。

 この日、東京・一ツ橋ホールでは「ウルトラセブン・落語&トークライブ」が開かれた。セブンの大ファンである落語家、柳家喬太郎さんと弟弟子の喬之助さんがセブンをテーマにした新作落語を披露し、喬太郎さんらたっての願いを受け、モロボシ・ダン役の森次晃嗣さんと、ひし美さんによるトークとの共演が実現した。

この記事は有料記事です。

残り1114文字(全文1427文字)

油井雅和

東京本社ウェブ編成センター記者。東京生まれ。早大卒。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

  5. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです