メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ORICON NEWS

魔裟斗&須藤元気が山本KIDさん追悼 04年&05年大みそかにKIDさんと対戦

情報提供:ORICON NEWS

山本“KID”徳郁さんを追悼した魔裟斗(左)、須藤元気 (C)ORICON NewS inc.
 がんで闘病中だった格闘家の山本“KID”徳郁(のりふみ・享年41)さんが18日に亡くなったことを受け、KIDさんと2004年の大みそかに対戦した魔裟斗(39)と、翌05年の大みそかに対戦した須藤元気(40)が、SNSでKIDさんを偲んだ。

【写真】山本“KID”徳郁さん、妻との2ショット

 魔裟斗は自身のインスタグラムで、15年に番組の企画で再戦した際の写真をアップし「先ほど KIDの悲報を知りました 2004年大晦日に対戦して以来 格闘技界を一緒に盛り上げてきた大事な仲間が逝ってしまった」と追悼。「2015年に対戦した時には試合終了後に『また 10年後に!』と言っていたのにとても残念です」と早すぎるKIDさんの旅立ちを悔やんだ。

 須藤も自身のツイッターで「山本KIDさん、楽しい格闘時代を共に過ごせた事を誇りに思います。心からご冥福をお祈りいたします」と悼んだ。

 KIDさんと魔裟斗は、04年大みそかの『Dynamite!!』のリングでK-1ルールで対戦。ルール上で不利と見られていたKIDKIDさんが先にダウンを奪い、直後に魔裟斗が取り返すという白熱したバトルを繰り広げ、日本中に大きな興奮を巻き起こした(判定で魔裟斗が勝利)。

 翌05年大みそかの『Dynamite!!』では、KIDさんと須藤が「HERO’Sミドルトーナメント」決勝で一騎打ち。1ラウンド4分39秒でKIDさんがKO勝利し、『HERO’S初代ミドル級世界チャンピオン』の座を獲得した。

情報提供:ORICON NEWS

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不適切投稿 「最高裁決定にがくぜん」岡口裁判官が会見
  2. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  3. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  4. 厚労省 障害者手帳をカードでも 来年度から希望者に
  5. 不適切投稿 裁判官懲戒、やむを得ず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです