メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 前回話題にした渡辺京二さんとの対談では、「西郷隆盛が政権を握ったらどういう日本になったか」という話にもなった。渡辺さんは著書「北一輝」で、西郷が土地共有制の上に成り立つ農民のコミューンを基礎とする、道義的なコミューン型国家への志向をもっていた人だったと論じた。それが北一輝にも受け継がれたという説である。そこで西郷が日本を担っていたら、今日のような日本ではなかった、という対話になったのである。そのことは、江戸時代との関連で理解できる。

 しかし私は西郷がなぜ征韓論を主張したのか理解できない。幕府は対等の国として朝鮮通信使を正式に受け入…

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文781文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 訃報 穂積隆信さん 87歳=俳優 「積木くずし」執筆
  3. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  5. 訃報 田中信夫さん 83歳=声優、サンダース軍曹役

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです