メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンへの発言

キーワード 『ちびまる子ちゃん』と平成=中森明夫

「ちびまる子ちゃん」の原画イラスト(C)M.S

 さくらももこさんが亡くなった。享年53。あまりにも早すぎる。思えば、さくらさんはまったくテレビには出演せず、近年の写真もあまり見ない。『ちびまる子ちゃん』の作者として知名度は高いが、いったいどんな人だったんだろう?との声もよく聞かれる。

 1987年夏、『ちびまる子ちゃん』の単行本第1巻が出て、すぐに本屋で手に取り購入、あまりの面白さに驚嘆した。知人や友人らにその面白さを吹聴しまくって、あげく同じ本を10冊以上も買い占め、会う人たちに「読んで!」と手渡した(その中には、小泉今日子や坂本龍一もいた)。

 ある日、我が家に電話がある。「さくらももこです」。驚いた。面識もない、さくらさんからお礼の電話をい…

この記事は有料記事です。

残り1339文字(全文1641文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える
  4. はやぶさ2衝突実験解説(上)アクロバティックな運用 カギを握る二つの新機器
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです