メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンへの発言

キーワード 『ちびまる子ちゃん』と平成=中森明夫

「ちびまる子ちゃん」の原画イラスト(C)M.S

 さくらももこさんが亡くなった。享年53。あまりにも早すぎる。思えば、さくらさんはまったくテレビには出演せず、近年の写真もあまり見ない。『ちびまる子ちゃん』の作者として知名度は高いが、いったいどんな人だったんだろう?との声もよく聞かれる。

 1987年夏、『ちびまる子ちゃん』の単行本第1巻が出て、すぐに本屋で手に取り購入、あまりの面白さに驚嘆した。知人や友人らにその面白さを吹聴しまくって、あげく同じ本を10冊以上も買い占め、会う人たちに「読んで!」と手渡した(その中には、小泉今日子や坂本龍一もいた)。

 ある日、我が家に電話がある。「さくらももこです」。驚いた。面識もない、さくらさんからお礼の電話をい…

この記事は有料記事です。

残り1339文字(全文1641文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. アクセス 氷河期世代、40代後半定義外? 兵庫・宝塚市の支援対象に抗議相次ぐ

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです