メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォーカス

上川隆也 ドラマ「真犯人」重藤成一郎役 役に寄り添えた

上川隆也=和田大典撮影

ドラマ「真犯人」重藤成一郎役(WOWOWプライム=日曜午後10時)

 2008年、静岡で男性が殺される。男性は34年前に誘拐殺人で息子を亡くしており、その事件は未解決だった--。時を経て交差した二つの事件を描く連続ドラマ「真犯人」(全5話、23日の初回は無料放送)の主人公、重藤(しげとう)成一郎は、誘拐殺人の発生時は応援部隊として、その時効直前は特別捜査班として相対し、「同じ事件に2度敗れた男」だという。「台本が読み物として面白いという感覚すらあった。重藤をどう演じるか思いを巡らすのが、とても楽しい時間だった」と振り返る。

 応援部隊の20代、特別捜査班時代の40代、08年の殺人事件で現役刑事(小泉孝太郎)から協力を求めら…

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文855文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  5. 釜石で外国人観戦客が民泊 交流に笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです