メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロヒンギャ迫害

予備調査着手へ 国際刑事裁判所

 【ブリュッセル八田浩輔】国際刑事裁判所(ICC、本部オランダ・ハーグ)のベンスダ主任検察官は18日、ミャンマーのイスラム系少数民族ロヒンギャの迫害に関し、予備調査に着手すると発表した。ミャンマーはICCを定めるローマ規定の非加盟国だが、予審裁判部は加盟国のバングラデシュ内で起きた事件として管轄権を有すると解釈していた。

 ロヒンギャ問題を巡っては、国連人権理事会が設置した国際調査団がこの日、ミャンマー国軍が迫害の「主犯…

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文410文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  2. 吉本・岡本社長 22日に会見 宮迫さんらの会見受け
  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「入れたい人いない」 白馬の王子、いつまで待つ気なのか
  4. 宮迫さん、田村さん会見詳報(1)「反社会勢力なんて知り合いにおるわけない」
  5. ORICON NEWS 金子ノブアキ、RIZEメンバー2人の逮捕を謝罪「更生を願う」 金子賢輔容疑者は実弟

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです