メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認知行動療法

不安と仲良くなろう 不登校・いじめ防止に心理療法 福岡・八女の小学校で導入

 うつ病や不安障害などの治療に使われる心理療法の「認知行動療法」を学校現場で取り入れる動きが広がっている。児童生徒が、日常生活で抱く不安な気持ちとの向き合い方を知り、心の負担を軽くすることで、不登校やいじめなどを防ぐのが狙いだ。【柿崎誠】

 「怖がりで慎重な豚の『ブーちゃん』は風が強くて不安なのに、元気いっぱいのカエルの『ケロくん』の誘いを断れず、悪天候の中で海水浴に行きました。この時のブーちゃんの不安はどういうものですか?」

 福岡県八女市立福島小5年のクラスで今月14日にあった授業。担任の泉智子教諭が問い掛けると、子供たちは相談し「身を守る役割がある」と答えた。泉教諭は「そう。私も高い所に行くと不安になる。でも不安な気持ちにはいろいろある。オリンピック選手は不安があったほうが集中してベストな力が出せるよね」と応じた。

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1171文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 行方不明者捜索中に「逃走」の警察犬クレバ 兵庫県警捜査員が無事保護

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです