メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・母校をたずねる

茨城県立日立一高/7 読書量は人生で一番 佐々木ひとみさん /東京

 ◆児童文学作家・佐々木ひとみさん=1981年度卒

 児童文学作家の佐々木(旧姓・鈴木)ひとみさん(54)=1981年度卒=は、コピーライターの傍ら、子ども向けの物語の執筆を続けています。古里の茨城県十王町(現日立市)を舞台に執筆した「ぼくとあいつのラストラン」は2016年に映画化されました。通学に往復2時間を費やした茨城県立日立一高の3年間を「読書の質と量は人生の中で一番だった」と振り返ります。【佐藤則夫】

 私が育った古里の旧十王町高原は、自然豊かな農山村地域でした。小学校の入学式前日まで田んぼの土手を走…

この記事は有料記事です。

残り1959文字(全文2214文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  2. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  3. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです