メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんな元気になる絵本

パンのずかん /富山

「パンのずかん」 大森裕子・作、井上好文・監修、白泉社、950円

 新米の季節になりました。しかし、現在の日本の家庭では、朝ごはんは、「ご飯」ではなくて「パン食」の割合が若干高くなっているようで、「朝ごはん食べた?」と尋ねる場合は、気をつけないといけません。

 我が家は米作り農家でもあるので、毎朝ご飯を炊き、月に5回は「おぼくさん」を盛って仏壇にお供えします。たまにうっかり忘れていておばあちゃんに叱られます。これが、農家でもなく、毎朝パン食の家庭だったら、仏壇にパンをお供えしてもいいのではないでしょうか。と思えるくらいに、日本人はパンも好きです。

 その証拠に、パンの絵本もたくさんあります。古典的なところでは、『からすのパンやさん』。『どんくまさんのぱん』もおいしそうなパンの絵本だし、そのオマージュともいえる『ノラネコぐんだんパンこうじょう』も面白い。パン作りの手順とお話を巧みに合成した『ぼくのぱんわたしのぱん』もいいです。最近、『しょくぱんちゃん6しまい』という絵本も入ってきました。

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文998文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. 新たに34人の感染確認、1万7580人に 死者911人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです