メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

安倍首相が演説会 党員ら1500人参加 長野 /長野

 自民党総裁選に立候補している安倍晋三首相(63)が18日、来県し、長野市内のホテルで演説した。経済政策や憲法改正について訴え、党員ら約1500人が耳を傾けた。

 安倍首相は冒頭、「空気もいいし、長生きできるし、食べ物もいい。何と言っても人がいい」と長野県の印象に言及。「知事の名前もいいですからね、アベ」と会場の笑いを誘った。

 経済政策については「生産性を上げ、売り上げを増やし、給料が増えれば消費が増えていく。国、地方の税収も増えていけば、社会保障あるいはまた成長していくためにお金を使っていける」と強調。中小企業、小規模事業者に対し「しっかり支援していきたい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り151文字(全文438文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「くまモンマスク」ほしいモン 知事会見で熱視線 製造企業続々、柄も豊富

  2. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  5. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです