メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

ドローンで安芸の被災状況調査 避難経路作成にも活用 /広島

調査に向け飛び立つドローン=広島市安芸区矢野東7で、隈元悠太撮影

 西日本豪雨で甚大な被害が出た安芸区矢野東7で16日、専門家らがドローンを使って土砂崩れの発生状況などを調べた。集まった住民らが撮影した映像を見て実態を確認。映像は今後、避難経路の作成などにも活用されるという。

 ドローンでの被災状況調査は近年始まったばかりで、地上から近づくことが難しい対象物も撮影できるメリットがある。今回の調査は住民から「土砂崩れが発生した現場が今どうなっているのか知りたい」との声が上がったのが…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソフトバンク解約1万~2万件 通信障害で
  2. ソフトバンク株 「史上最大の新規上場」も期待外れ
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害 「遺体の声」どう判断 求刑は死刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです