メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

首相、業界団体へ攻勢 石破氏は個々の判断に期待

安倍晋三首相(右)と横倉義武会長の対談を掲載した日本医師会報

 自民党総裁選は、投票権のある104万人の党員のうち約40万人が党の職域支部に属しており、業界団体への働きかけが党員票獲得のカギになる。各団体とのパイプの太さの点では、現職総裁の安倍晋三首相(63)が石破茂元幹事長(61)より有利だ。ただ、党幹部からは「トップダウンで投票先を浸透させられる時代ではない」という声も漏れる。【松倉佑輔】

 告示直前の5日、日本医師会の会報「日医ニュース」の1面に首相と横倉義武会長の対談が掲載された。首相側からの要請だった。総裁選には一切触れていないが、日医関係者は「首相との対談掲載は異例。職域支部の党員に『総裁選では首相をお願いします』という意味だ」と認める。

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文1085文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  2. 名古屋高速の事務員が感染判明、料金所5カ所閉鎖 新型肺炎

  3. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  4. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです