メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露・トルコ

シリア総攻撃当面回避 非武装地帯に合意

シリアのイドリブ県に非武装地帯を設置することで合意したプーチン大統領(右)とエルドアン・トルコ大統領=ロシア南部ソチで17日、AP

 【モスクワ大前仁】プーチン露大統領とエルドアン・トルコ大統領は17日、ロシア南部ソチで会談し、シリア北西部イドリブ県に10月15日までに非武装地帯を設置することで合意した。アサド政権と後ろ盾のロシア軍は、反体制派の最終拠点となる同県への総攻撃を準備していたが、反体制派を支援するトルコとの折衝を経て、当面は回避される公算が大きくなった。

 プーチン氏は会談後の共同記者発表で、アサド政権と反体制派の折衝する地域において、幅15~20キロの非武装地帯を設けると説明。反体制派が10月10日までに戦車やミサイル、重火器などを撤去し、15日までに撤退するよう定めた。特にロシア側は過激派組織のシリア解放機構(旧ヌスラ戦線などで構成)の駆逐を強く求めており、ロシア、トルコの部隊が監視と巡回に当たるという。

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文621文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに5759人の感染確認 重症者972人、14日連続で過去最多

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  4. 菅首相、異例のステイホーム 就任後初めて宿舎から外出せず

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです