メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

基準地価

観光地回復、訪日客けん引 沖縄・北海道・京都上位

基準地価の全国最高地点となった明治屋銀座ビル前=東京都中央区銀座2で2018年9月15日、竹内紀臣撮影

 国土交通省が18日発表した7月1日時点の基準地価は、全国平均(全用途)の変動率が1991年以来27年ぶりに上昇に転じ、全国的に地価の回復が進んでいることが浮き彫りとなった。大規模金融緩和と訪日外国人旅行者の増加が今回も大都市圏を中心にホテルや商業施設の建設を促し、地価を上昇させた。しかし、観光需要に乏しく、駅前再開発なども進まない地方圏の上昇ペースは遅く、都市部と明暗を分けた。【川口雅浩】

 今回、地価上昇が目立ったのは沖縄県だ。都道府県別の住宅地の上昇率では前年比4・0%と2位の東京都の…

この記事は有料記事です。

残り1187文字(全文1434文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです