毎日社会福祉顕彰

受賞者の喜びの声

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

支援の子ども、国籍広げ 特定非営利活動法人「在日外国人教育生活相談センター・信愛塾」 竹川真理子センター長(67)=横浜市南区

 在日韓国人の暮らしを支援するため1978年、横浜中華街(横浜市中区)で発足した。40年に及ぶ活動の中で、学習支援や在日外国人相談など活動を徐々に広げ、支援する子どもの国籍は、中国やフィリピンなど時代を経て広がった。行政機関とも連携し、保護者が抱えるさまざまな問題にも根気よく寄り添う。遠方からの電話相談も後を絶たない。「私たちは最後のとりで。子どもが持つ無限の可能性を守り続けたい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文741文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集