メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

+2℃の世界

適応の現場から/5 住民主体で「防災マップ」

笠田団地自治会の中沢浩二会長は、2017年10月の台風で紀の川の支流が氾濫し浸水した場所で、当時を振り返った=和歌山県かつらぎ町で9月11日、渡辺諒撮影

 <くらしナビ 環境>

 11府県に大雨特別警報が出た西日本豪雨や、非常に強い勢力で上陸した台風21号など、今夏も気象災害が相次いだ。地球温暖化で災害の頻度や激しさが増すとされ、的確な避難や危険箇所の把握が欠かせない。豪雨などを想定し、「防災マップ」を住民主体で作る取り組みが広がっている。

 和歌山県北東部、町の中心部を東西に紀の川が貫くかつらぎ町。紀の川の北側に位置し、2本の支流に挟まれた場所に、140世帯が暮らす町営笠田(かせだ)団地はある。今年の西日本豪雨や台風21号で大きな被害はなかったものの、昨年10月の台風21号で支流があふれ、住民は近くの中学校などで一夜を過ごした。人的被害はなかったが、団地には高齢者が多くて移動に時間がかかるため、避難が大きな課題として浮かび上がった。

この記事は有料記事です。

残り1609文字(全文1953文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです