メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

+2℃の世界

適応の現場から/5 住民主体で「防災マップ」

笠田団地自治会の中沢浩二会長は、2017年10月の台風で紀の川の支流が氾濫し浸水した場所で、当時を振り返った=和歌山県かつらぎ町で9月11日、渡辺諒撮影

 <くらしナビ 環境>

 11府県に大雨特別警報が出た西日本豪雨や、非常に強い勢力で上陸した台風21号など、今夏も気象災害が相次いだ。地球温暖化で災害の頻度や激しさが増すとされ、的確な避難や危険箇所の把握が欠かせない。豪雨などを想定し、「防災マップ」を住民主体で作る取り組みが広がっている。

 和歌山県北東部、町の中心部を東西に紀の川が貫くかつらぎ町。紀の川の北側に位置し、2本の支流に挟まれた場所に、140世帯が暮らす町営笠田(かせだ)団地はある。今年の西日本豪雨や台風21号で大きな被害はなかったものの、昨年10月の台風21号で支流があふれ、住民は近くの中学校などで一夜を過ごした。人的被害はなかったが、団地には高齢者が多くて移動に時間がかかるため、避難が大きな課題として浮かび上がった。

この記事は有料記事です。

残り1609文字(全文1953文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  2. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  5. ORICON NEWS 山口真帆、卒業後初TVでマカオ旅を満喫 タイプの男性は「自分に厳しく頑張ってる人」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです