メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出版

雲や空、日常的に関心を 気象庁研究官が「せきらんうん」絵本

積乱雲の発達の仕組みなどを物語仕立てで紹介する絵本「せきらんうんのいっしょう」の一場面=荒木健太郎・気象庁気象研究所研究官提供

 雲を通じて気象災害への関心を高めてもらおうと、気象庁気象研究所の荒木健太郎研究官が絵本「せきらんうんのいっしょう」(ジャムハウス)を出版した。暖かく湿った空気「だんき(暖気)くん」を主人公に、積乱雲が発達する仕組みを物語仕立てで紹介。「西日本豪雨など気象災害が頻発している。親子で雲や空に親しんで、災害への備えに役立ててほしい」と話す。

 絵本は暖気や冷気をキャラクター化して、雲の成長過程を表現した。暖気が冷気に持ち上げられて「積雲」に…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文794文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. 「反社会的勢力を排除」吉本が異例の「決意表明」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです