メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出版

雲や空、日常的に関心を 気象庁研究官が「せきらんうん」絵本

積乱雲の発達の仕組みなどを物語仕立てで紹介する絵本「せきらんうんのいっしょう」の一場面=荒木健太郎・気象庁気象研究所研究官提供

 雲を通じて気象災害への関心を高めてもらおうと、気象庁気象研究所の荒木健太郎研究官が絵本「せきらんうんのいっしょう」(ジャムハウス)を出版した。暖かく湿った空気「だんき(暖気)くん」を主人公に、積乱雲が発達する仕組みを物語仕立てで紹介。「西日本豪雨など気象災害が頻発している。親子で雲や空に親しんで、災害への備えに役立ててほしい」と話す。

 絵本は暖気や冷気をキャラクター化して、雲の成長過程を表現した。暖気が冷気に持ち上げられて「積雲」になり、成長して「積乱雲」になるストーリー。前半には、冷気が「おまえ マジ すごいわ」と励まし、暖気が「マジか」と応じるユニークな会話などが収められている。後半は、荒天の予兆になる雲の例や、気象情報の利用方法などを写真とともに解説している。

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文794文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. NY株、史上最高値更新 米追加経済対策に期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです