メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

マッチングという出会い方

マッチングサービスを利用して結婚した小林大志さん(左)と亜由美さんの夫婦=東京都港区で

 インターネットを使って恋愛や婚活を支援するサービスの利用者が急増している。男性と女性がそれぞれ個人情報を登録し、気に入った人がいれば画面上の「いいね!」などを押してマッチングする仕組み。サービスを利用して結婚した夫婦を訪ねた。

 ●積極度は違っても

 東京都江東区のマンションに住む小林大志(たいし)さん(29)と亜由美さん(30)は1年半近くの交際を経て、2016年12月に婚姻届を出した。長女(7)と長男(1)との4人暮らしだ。

 2人はマッチングサービス「Pairs(ペアーズ)」を利用して出会った。会社員の大志さんは15年6月、自宅のパソコンから個人情報を登録。その理由は「彼女がいなくて、出会いがなかったからだ」という。一方、看護師の亜由美さんがサービスに登録したのは、職場の飲み会の罰ゲームがきっかけだった。

この記事は有料記事です。

残り1786文字(全文2144文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  4. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです