メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

結核・梅毒

過去の病と思うなかれ

 「過去の病」と思われがちな結核と梅毒が、国内で再び脅威になろうとしている。結核の流行は、日本が東南アジアから積極的に労働者を受け入れていることが背景にある。梅毒は大都市に限らず地方にも感染が広がっているのが特徴だ。関係者は早期発見や相談体制の整備に力を入れる。【熊谷豪】

 ◆結核

外国人患者急増 罹患率高い国から来日

 6月にあった国連の会合。インドネシアの医師、エルリナ・ブルハンさんは、結核の新たな治療薬開発の必要…

この記事は有料記事です。

残り1932文字(全文2140文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  2. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  3. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  4. 青森4人死亡 飲酒運転で速度超過 32歳容疑者を逮捕
  5. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです