メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

結核・梅毒

過去の病と思うなかれ

 「過去の病」と思われがちな結核と梅毒が、国内で再び脅威になろうとしている。結核の流行は、日本が東南アジアから積極的に労働者を受け入れていることが背景にある。梅毒は大都市に限らず地方にも感染が広がっているのが特徴だ。関係者は早期発見や相談体制の整備に力を入れる。【熊谷豪】

 ◆結核

外国人患者急増 罹患率高い国から来日

 6月にあった国連の会合。インドネシアの医師、エルリナ・ブルハンさんは、結核の新たな治療薬開発の必要性を訴えた。「私の患者は何人か自殺しました。それほど(今の薬の)副作用は強烈です」

この記事は有料記事です。

残り1891文字(全文2140文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 雪まつりスタッフも感染 北海道5例目、「市中感染」する段階に 新型肺炎

  2. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  3. 橋本五輪相 聖火リレー「体調不良の方は沿道来ないで」 新型肺炎

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. WHO「致死率を考慮すると想定内」 クルーズ船2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです