メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 フィンランドに学ぶ子育て支援=白十字訪問看護ステーション統括所長・秋山正子

手厚い施策、妊娠期から

 国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン」の「お母さんにやさしい国ランキング」でたびたび第1位となり、サンタクロースの故郷やデザイン家具でも有名で、北欧に位置するフィンランド。高福祉を実現した北欧は長寿社会で高齢化が進んでいるのだが、その中で少子化をくい止めており、着目されている。

 出産・子育て支援の柱となるのが「ネウボラ」と呼ばれる制度だ。「妊娠したかな」と思ったら、まず、このネウボラに向かう。妊婦健診を無料で受けられ、保健師や助産師ら子育てのプロとじっくりと面談でき、「ネウボラおばさん」と呼ばれる担当が一人一人に付く。妊娠期から就学前までの子どもの健やかな成長・発達支援のみならず、家族全体の心身のサポートも目的としている。利用者のデータは50年間保存され、医療機関との連携や、子どもの発達支援に役立てられたりしている。

 出産すると「育児パッケージ」(あるいは140ユーロの現金)が支給されるが、受け取りにはネウボラの健…

この記事は有料記事です。

残り688文字(全文1112文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. EM菌 効果「承知していない」 環境相、否定的考え示す
  4. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  5. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです