メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外メイ英首相が辞任を表明
大相撲秋場所

御嶽、大関取りピンチ 4敗目「横綱強かった」

鶴竜(左)に寄り切りで敗れる御嶽海=東京・両国国技館で2018年9月18日、渡部直樹撮影

10日目(18日・両国国技館)

 3横綱がそろって白星。白鵬は逸ノ城を、鶴竜は御嶽海を退け、ともに無傷の10連勝とした。大関取りの御嶽海は痛い4敗目。8場所連続休場明けの稀勢の里は遠藤を寄り切りで降し、9場所ぶりの勝ち越しを決めた。

 高安は豪栄道との大関同士の一戦を制し、ただ一人1敗を守った。豪栄道は2敗に後退。カド番の栃ノ心は魁聖を寄り切って6勝目を挙げた。

この記事は有料記事です。

残り1504文字(全文1684文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  2. 著しく低下するメイ首相の求心力 労働党への譲歩に反発 「即時辞任」圧力強まる
  3. 中東 動物兵器、うごめく
  4. 英・メイ首相、EU離脱法案下院可決なら「2回目の国民投票」是非を採決の方針
  5. メイ英首相が辞任表明 EU離脱巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです