メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国際刑事裁判所

ロヒンギャ迫害「予備調査着手」

バングラデシュとの国境沿いの緩衝地帯に並び建つロヒンギャ避難民の小屋=ミャンマー西部ラカイン州で2018年5月28日、西脇真一撮影

 【ブリュッセル八田浩輔】国際刑事裁判所(ICC、本部オランダ・ハーグ)のベンスダ主任検察官は18日、ミャンマーのイスラム系少数民族ロヒンギャの迫害に関し、予備調査に着手すると発表した。ミャンマーはICCを定めるローマ規定の非加盟国だが、予審裁判部は加盟国のバングラデシュ内で起きた事件として管轄権を有すると解釈していた。

 ロヒンギャ問題を巡っては、国連人権理事会が設置した国際調査団がこの日、ミャンマー国軍が迫害の「主犯…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文540文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです