メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都大研究グループ

葉っぱ食べるサル「甘み感じにくい」

インドネシア・パンガンダラン自然保護区で葉を食べるコロブス類の一種、ジャワルトン=京都大霊長類研究所提供

 葉を食べる霊長類のコロブス類は、他の猿に比べ甘みに鈍感なことを、京都大霊長類研究所などの研究グループが突き止めた。これまでに苦みに対する感受性が低いことも分かっており、甘みがなく苦い葉を主食とできるよう進化した可能性があるという。成果はこのほど、日本の学術誌「プリマーテス」電子版に掲載された。

 コロブス類は東アジアからアフリカにかけての山中に分布し、主に広葉樹の葉を食べる。他の動物が一般的にエネルギー源となる甘…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  4. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです