メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都大研究グループ

葉っぱ食べるサル「甘み感じにくい」

インドネシア・パンガンダラン自然保護区で葉を食べるコロブス類の一種、ジャワルトン=京都大霊長類研究所提供

 葉を食べる霊長類のコロブス類は、他の猿に比べ甘みに鈍感なことを、京都大霊長類研究所などの研究グループが突き止めた。これまでに苦みに対する感受性が低いことも分かっており、甘みがなく苦い葉を主食とできるよう進化した可能性があるという。成果はこのほど、日本の学術誌「プリマーテス」電子版に掲載された。

 コロブス類は東アジアからアフリカにかけての山中に分布し、主に広葉樹の葉を食べる。他の動物が一般的にエネルギー源となる甘…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 保健師団体、感染症法改正に反対声明 「罰則は症状隠す行動につながる」と懸念

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです