メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都大研究グループ

葉っぱ食べるサル「甘み感じにくい」

インドネシア・パンガンダラン自然保護区で葉を食べるコロブス類の一種、ジャワルトン=京都大霊長類研究所提供

 葉を食べる霊長類のコロブス類は、他の猿に比べ甘みに鈍感なことを、京都大霊長類研究所などの研究グループが突き止めた。これまでに苦みに対する感受性が低いことも分かっており、甘みがなく苦い葉を主食とできるよう進化した可能性があるという。成果はこのほど、日本の学術誌「プリマーテス」電子版に掲載された。

 コロブス類は東アジアからアフリカにかけての山中に分布し、主に広葉樹の葉を食べる。他の動物が一般的にエネルギー源となる甘…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文520文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです