京都大研究グループ

葉っぱ食べるサル「甘み感じにくい」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
インドネシア・パンガンダラン自然保護区で葉を食べるコロブス類の一種、ジャワルトン=京都大霊長類研究所提供
インドネシア・パンガンダラン自然保護区で葉を食べるコロブス類の一種、ジャワルトン=京都大霊長類研究所提供

 葉を食べる霊長類のコロブス類は、他の猿に比べ甘みに鈍感なことを、京都大霊長類研究所などの研究グループが突き止めた。これまでに苦みに対する感受性が低いことも分かっており、甘みがなく苦い葉を主食とできるよう進化した可能性があるという。成果はこのほど、日本の学術誌「プリマーテス」電子版に掲載された。

 コロブス類は東アジアからアフリカにかけての山中に分布し、主に広葉樹の葉を食べる。他の動物が一般的にエネルギー源となる甘…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文520文字)

あわせて読みたい

注目の特集