メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認知行動療法

学校現場で広がる 不登校、いじめを防げ

授業で図表を使いながら不安な気持ちの意味を教える泉教諭=福岡県八女市で2018年9月14日午前10時49分、柿崎誠撮影

 うつ病や不安障害などの治療に使われる心理療法の「認知行動療法」を学校現場で取り入れる動きが広がっている。児童生徒が、日常生活で抱く不安な気持ちとの向き合い方を知り、心の負担を軽くすることで、不登校やいじめなどを防ぐのが狙いだ。

不安と仲良く 福岡・八女の小学校で導入

 「怖がりで慎重な豚の『ブーちゃん』は風が強くて不安なのに、元気いっぱいのカエルの『ケロくん』の誘いを断れず、悪天候の中で海水浴に行きました。この時のブーちゃんの不安はどういうものですか?」

 福岡県八女市立福島小5年のクラスで今月14日にあった授業。担任の泉智子教諭が問い掛けると、子供たち…

この記事は有料記事です。

残り910文字(全文1188文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  2. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大
  3. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  4. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  5. ORICON NEWS 小雪の姉・弥生、妊娠報告「夏の終わりには家族が増える予定」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです