メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

20日開票 安倍・石破両氏最後の追い込み

自民党員ら約1500人を前に演説する安倍晋三首相=長野市南石堂町のホテルメトロポリタン長野で2018年9月18日午後1時36分、鈴木健太撮影

 自民党総裁選は20日、国会議員票の投開票と党員票の開票が行われ、新総裁が選出される。連続3選を目指す安倍晋三首相(63)と石破茂元幹事長(61)は18日、地方で個別に演説会を開き、党員票の上積みへ追い込みをかけた。

 首相は長野、福島両市で演説会を開いた。長野市のホテルでは「長野県には数え上げればきりがないほど素晴らしい観光地、文化財、自然がある。もっと地方創生を力強く前に進めていきたい」と訴えた。また、「格差に光を当てることこそ私たちの大切な使命だ」と語り、所得の低い家庭の子供の教育機会拡充に意欲を示した。

 石破氏は、広島県福山、尾道両市、名古屋市の街頭で演説した。7月の西日本豪雨で被害を受けた尾道市では…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

  4. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです