メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

業界団体は安倍首相有利 党員票の4割弱

安倍晋三首相(右)と横倉義武会長の対談を掲載した日本医師会報

 自民党総裁選は、投票権のある104万人の党員のうち約40万人が党の職域支部に属しており、業界団体への働きかけが党員票獲得のカギになる。各団体とのパイプの太さの点では、現職総裁の安倍晋三首相(63)が石破茂元幹事長(61)より有利だ。ただ、党幹部からは「トップダウンで投票先を浸透させられる時代ではない」という声も漏れる。

 告示直前の5日、日本医師会の会報「日医ニュース」の1面に首相と横倉義武会長の対談が掲載された。首相…

この記事は有料記事です。

残り790文字(全文1001文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

  5. 「衝突音で初めて対向車に気付いた」スマホ操作などせず 大津園児死傷事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです