特集

9月21日は世界アルツハイマーデー シンポジウム「英国・認知症ケア最前線」 認知症ケアは本人理解から

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 21日は、国際アルツハイマー病協会と世界保健機関(WHO)が制定した「世界アルツハイマーデー」。アルツハイマー病の正しい知識の啓発をするこの日を前に、認知症予防財団と毎日新聞社が、英国ハマートンコート認知症ケア・アカデミー施設長のヒューゴ・デ・ウアール博士をゲストに招いて開いたシンポジウム「英国・認知症ケア最前線-ヒューゴ博士に聞く」の内容から、最新の認知症ケア事情と日本と英国の課題について報告する。

 ◆基調講演 ヒューゴ・デ・ウアール博士

この記事は有料記事です。

残り4714文字(全文4937文字)

あわせて読みたい

注目の特集