メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被爆体験

被爆者は身近にも 現住地をアーカイブに 東京のNPO法人

東京の被爆者の写真と証言が掲載されたアーカイブのサイト

 NPO法人「ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会」(東京都千代田区)が、被爆地を離れて各地で暮らす被爆者の体験をデジタルアーカイブ化し、インターネット上で紹介する取り組みを始めた。今住んでいる場所を地図上に示すことで「被爆は広島や長崎のこと」というイメージを払拭(ふっしょく)し、若い世代に身近な問題として感じてもらうための試みだ。【竹内麻子】

 被爆体験のデジタルアーカイブは、長崎の被害を伝えるインターネットサイト「ナガサキ・アーカイブ」(2010年開設)と、広島の「ヒロシマ・アーカイブ」(11年開設)が既にある。継承する会は、この二つのサイトの地図上に各地で暮らす被爆者の顔写真を表示し、クリックすると証言が読めるような形でアーカイブ化を進めていく。

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文790文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです