メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

應典院

寺で真の終活 「商売先行」現状に異議 大阪・天王寺

2018年8月の「おてら終活カフェ」では、参加者らが秋田光彦住職(左)を交え死生観についても語り合った=大阪市天王寺区で、花澤茂人撮影

[PR]

 自身の最期に向け準備を整える「終活」に、「葬式をしない寺」として独自の文化活動を繰り広げてきた大阪市天王寺区の浄土宗・應典院(おうてんいん)がその拠点となるべく動き出した。専門家を招いた集いや僧侶との語り合いの場を通して、実務課題の解決だけでなく死生観を養う場を目指す。寺の新たな挑戦に迫った。【花澤茂人】

 應典院は隣接する大蓮寺の塔頭(たっちゅう)寺院で、1997年に再建。檀家(だんか)を持たず、墓もなく法事もしない一方で、本堂には音響や照明設備を備え、演劇や講演会、映像上映などのイベントを年間100回以上実施。伝統仏教が「葬式仏教」と批判もされる中、葬儀だけではない寺院の存在意義を示してきた。

 「終活という言葉には抵抗があった」。秋田光彦住職(62)はそう明かす。葬送関連業者が集う「エンディング産業展」が多くの人を集めるなどマーケットとして注目され、「結局は死後の消費活動。僧侶ですら消費の対象になっている」。

 しかし近ごろ「日本人が死に対してこれほど自覚的で行動的だった時代はない」とその意義に気づき、同時に課題も感じた。「実務的な課題は解決できても、『死んだらどうなる』といった宗教的な疑問へのケアがなされていない。死生観の成熟なしに本当の終活とは言えない」。そこで、寺院の力が発揮できるという。「布教するわけではなく、寺院という場で僧侶を交え葬儀や墓の話をすることで、それぞれの宗教的な感覚が呼び起こされる」と期待する。新たな取り組みは「終活ブームへの便乗ではなく、カウンター(反撃)です」。

 ただ「お寺だけで終活はできない」とも。7月からは、専門家を招いてお茶とお菓子を口にしながら話を聞く「おてら終活カフェ」を始めた。

 8月初旬にあった第2回では、身寄りのない高齢者らに「生前契約」を通じて死後事務などのサポート活動をしているNPO法人「りすシステム」(東京都)の杉山歩・代表理事を講師に招き、約50人が参加した。冒頭にはみんなで念仏を唱え、講師の話の後に秋田住職ら僧侶がコメントする。数人ずつ車座になって語り合う時間もあり、「死後の世界はあるんでしょうか」と質問する参加者も。兵庫県伊丹市の野村富雄さん(88)は「勉強になったし、心落ち着く場でお坊さんに死に対する心構えについて聞くことができた」と満足そうに話した。

 9月25、26両日には「おてら終活祭」と銘打ったイベントを開催。超宗派の僧侶や専門家が集い、宗派別葬儀デモンストレーションやトークイベント、終活相談などを予定している。秋田住職は「終活もこれまでの活動の延長線上にある。21年間で築いたネットワークを生かし、変わらずに地域のつなぎ役としての役割を果たしていく」と意気込む。

 イベントの問い合わせは應典院(06・6771・7641)。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです