メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出版

「奇跡の本屋」知って 札幌「くすみ書房」 邦晴さんの遺稿一冊に 体験や本への思い書きため /北海道

 本には人生を変え、奇跡を起こす力がある--。ユニークな取り組みで道内外から注目された「くすみ書房」(札幌市・2015年閉店)の経営者で、17年8月に66歳で亡くなった久住邦晴さんの遺稿などをまとめた「奇跡の本屋をつくりたい」(ミシマ社)が出版された。関係者は「若い人たちにいかに本を読んでもらうかを考え、本の魅力を伝え続けた久住さんの思いを知ってもらいたい」と願っている。【横山綾香】

 久住さんは、父が1946年に札幌市西区琴似に開いた「くすみ書房」を99年に継いだ。この年に市営地下鉄東西線が琴似から宮の沢まで延伸されて来客が落ち込み、集客に思案を重ねる中でこれまでの書店になかった取り組みを始めた。

この記事は有料記事です。

残り882文字(全文1184文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  4. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  5. 愛知の新規感染者125人 7日連続で100人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです