メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飯沼金太郎

生涯を本に 民間航空発展に貢献、佐倉出身の飛行家 きょう「空の日」、市職員・小暮さん自費出版 /千葉

 戦前の日本の航空普及期に航空学校を創設し、民間航空の発展に貢献した佐倉市出身の飯沼金太郎(1897~1964年)の生涯を、同市職員の小暮達夫さん(57)が「ひとすじのヒコーキ雲」と題した本に著し、「空の日」の20日、自費出版する。著書には、パイロットの夢を事故で絶たれながら困難を乗り越えて、まい進した飯沼の不屈の精神があふれている。【近藤浩之】

 飯沼は県立佐倉中学校(現県立佐倉高校)在学中に飛行機に興味を持った。日本の航空の黎明(れいめい)期…

この記事は有料記事です。

残り1020文字(全文1244文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  2. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  3. 発生する確率4万分の1のクワガタ展示 高知・四万十川学遊館

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです