メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

モニカ絵本

スペイン、英語版登場 日本の小学校紹介 県教委に寄贈 /滋賀

滋賀県教委に寄贈された絵本「モニカ 日本の学校へ行く」。手前はスペイン語版。奥の4冊は、右上から時計回りにポルトガル語、英語、スペイン語、日本語の各版=大澤重人撮影

 ブラジルの国民的漫画家、マウリシオ・デ・ソウザさん(82)のプロダクションは、日本の小学校の仕組みをわかりやすく紹介した絵本「モニカ 日本の学校へ行く」のスペイン語と英語版を新たに作製。既にあるポルトガル語と日本語版の増刷分を含め、計1517部を県教委に寄贈した。

 ソウザさんの人気漫画「モニカと仲間たち」のキャラクターが日本の小学校に初めて通う設定。集団登校や給食当番など、戸惑いがちな日本独自の仕組みをストーリー仕立てで説明している。縦21・5センチ、横16センチで、フルカラー34ページ。

 昨秋、ポルトガル語版を手始めに完成させ、外国籍が通う全国の小学校などに無償配布を開始。今回はブラジ…

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文734文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. HARA 自殺未遂後初のTV出演 KARA時代のヒット曲披露(スポニチ)
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです