メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

モニカ絵本

スペイン、英語版登場 日本の小学校紹介 県教委に寄贈 /滋賀

滋賀県教委に寄贈された絵本「モニカ 日本の学校へ行く」。手前はスペイン語版。奥の4冊は、右上から時計回りにポルトガル語、英語、スペイン語、日本語の各版=大澤重人撮影

 ブラジルの国民的漫画家、マウリシオ・デ・ソウザさん(82)のプロダクションは、日本の小学校の仕組みをわかりやすく紹介した絵本「モニカ 日本の学校へ行く」のスペイン語と英語版を新たに作製。既にあるポルトガル語と日本語版の増刷分を含め、計1517部を県教委に寄贈した。

 ソウザさんの人気漫画「モニカと仲間たち」のキャラクターが日本の小学校に初めて通う設定。集団登校や給食当番など、戸惑いがちな日本独自の仕組みをストーリー仕立てで説明している。縦21・5センチ、横16センチで、フルカラー34ページ。

 昨秋、ポルトガル語版を手始めに完成させ、外国籍が通う全国の小学校などに無償配布を開始。今回はブラジ…

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文734文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです