メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コレ推し!

広島 福山夏まつり 広島県福山市 響く四ツ竹、踊りしっとり 二上り/よさこい/花火 日替わりで /中国

三味線、胡弓、尺八の調べに乗せて広島県無形民俗文化財「二上りおどり」を舞う人々=広島兼福山市の福山城公園で、松井勇人撮影

 広島県福山市の夏が最高潮になる、8月13~15日恒例の「福山夏まつり」。日替わりで、二上(にあが)りおどり、よさこい、打ち上げ花火が繰り広げられる。この夏は、西日本豪雨の傷が残るなか、延べ46万人の観覧者が訪れた。主催の福山祭委員会は「福山を元気づけたい」と夏を締めくくった。【松井勇人】

 県無形民俗文化財の「二上りおどり」は、江戸時代末期に江戸詰めをした福山藩士が伝えたものが原型という。踊り手は、男女とも浴衣をからげた白足袋姿で、男性は頭にねじりはちまきを締め、女性は手ぬぐいや笠(かさ)で覆う。両手には…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィリピン、電子たばこ禁止へ ドゥテルテ大統領、公共の場での使用者逮捕命じる

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです