メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

南北首脳会談 正恩氏、小出し戦術 非核化、具体策乏しく

 今年3回目の南北首脳会談を終えた北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は19日の共同記者発表で非核化への積極姿勢をアピールした。これをトランプ米大統領は歓迎し、南北会談を米朝協議の進展につなげたい韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領の狙いは一定の成果を上げた。ただ、非核化の具体策は限定的で、米朝間の根深い不信感を取り除く道筋までは描けていない。

 共同記者発表に臨んだ金委員長は「朝鮮半島を核兵器も、核の脅威もない平和の土地にするために努力する」と述べた後、会場から大きな拍手が起きると周囲を見回し、満足げに自らも手をたたいた。

この記事は有料記事です。

残り2172文字(全文2441文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 経済悪化で待ち切れなかった首相の緊急事態解除 経済回復手探り、第2波の懸念

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです