メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

南北共同連絡事務所って? 調整役の職員常駐 制裁違反の指摘も=回答・米村耕一

 なるほドリ 韓国と北朝鮮が14日、北朝鮮側の開城(ケソン)工業団地内に「南北共同連絡事務所(なんぼくきょうどうれんらくじむしょ)」を設置したね。どんな役割を果たすの?

 記者 両国の職員が常駐(じょうちゅう)し、24時間連絡を取り合える体制を作ります。これまで電話やファクスなどで連絡していましたが、直接、当局者が顔を合わせた調整ができるようになりました。南北軍事境界線付近で山火事が起きた場合、お互いに情報交換しながら、消防ヘリを飛ばして消火活動ができるなどのメリットがありそうです。南北首脳会談のための事前調整なども行う可能性があります。

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文805文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです