メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

密着番組の構造的問題

取材・制作過程、警察の協力ありき

コラージュ・日比野英志

 鹿児島県で5年前に起きた警察官による男性制圧死事件で、TBSの警察密着番組のため制作会社が撮影していたのに映像が報道に使われなかった問題で、関係者の証言で同種番組全体の構造的問題が明らかになってきた。警察の全面協力がなければ成り立たず、警察関係者も「仕事を分かってもらうという趣旨と違うなら取材は受けない」と基本姿勢を示す。制作に当たった元担当者からは経験を踏まえた懸念の声も出ている。【川名壮志、青島顕】

この記事は有料記事です。

残り2377文字(全文2581文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 飯塚元院長を12日にも書類送検 運転処罰法違反容疑 池袋母子死亡

  3. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  4. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです