メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山口・公明代表

6選 無投票で「参院選に総力」

 任期満了に伴う公明党代表選は19日告示され、無投票で山口那津男氏(66)の6選が決まった。30日の党大会で正式承認される。任期は2020年9月までの2年間。記者会見した山口氏は、党大会で発表する執行部人事について「体制を固め直し、来年の統一地方選、参院選に総力を挙げる」と選挙態勢を重視する考えを示した。

 山口氏は09年9月、衆院選敗北を受けて辞任した太田昭宏前代表の後任に就任。在任は1998年の党再結成後では神崎武法元代表の7年10カ月を上回り最長を更新している。

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  3. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 マイナンバーと口座ひも付け 見え透いた国民監視の魂胆

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです