山口・公明代表

6選 無投票で「参院選に総力」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 任期満了に伴う公明党代表選は19日告示され、無投票で山口那津男氏(66)の6選が決まった。30日の党大会で正式承認される。任期は2020年9月までの2年間。記者会見した山口氏は、党大会で発表する執行部人事について「体制を固め直し、来年の統一地方選、参院選に総力を挙げる」と選挙態勢を重視する考えを示した。

 山口氏は09年9月、衆院選敗北を受けて辞任した太田昭宏前代表の後任に就任。在任は1998年の党再結成後では神崎武法元代表の7年10カ月を上回り最長を更新している。

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文501文字)

あわせて読みたい

注目の特集